MTG:毛皮骨肉工房

プレインズウォーカー毛皮骨肉の、まったりmtgライフをお届けします

あけましておめでとうございます!!


本年もMTG:毛皮骨肉工房をよろしくお願いいたします!!


もう2020年だなんて、信じられませんね。


気分的にはまだ2008年くらいの気分です。


というわけで早速、パイオニアの構築記事を書かせていただきたいと思います。


龍の降下ドラゴンストンピィです。


20200101_011702



スカークの炭鉱者×4

雷破の執政×4

栄光をもたらすもの×2

炎の大口、ドラクセス×3


クリーチャー13


ドラゴンの餌×4

軍族童の突発×4

ドラゴンの大嵐×4

龍の降下×4

アイレンクラッグの妙技×4

ミジウムの迫撃砲×4


スペル24


山16

悪意の神殿×4

ラムナプの遺跡×3


土地23


20200101_014004



サイド


実験の狂乱×4

減衰球×4

墓堀の檻×2

焦熱の連続砲撃×3

破滅の時×1

丸焼き1



このデッキのやりたいことは、とてもシンプルです。


まずは文字通り、ドラゴンの餌、軍族童の突発で、ドラゴンを呼び出すための餌であるゴブリンを撒きます。


20200101_013000



そしてドラゴンの大嵐をセット。


20200101_013046



そしてアイレンクラッグの妙技、もしくはスカークの炭鉱者を使ってマナ加速し、龍の降下をぶっぱなします。


20200101_013118



すると、ゴブリンが3体並んでいた場合、龍の降下でドラゴンを3体召喚。


ドラゴンの大嵐により、本体に3×3点。


速攻も付与されているので、4×3の12点パンチ。


うまく決まれば、最速で4ターンキルが可能なデッキです。


ただこの場合、ドラゴンの大嵐、軍族童の突発、アイレンクラッグの妙技から龍の降下と、綺麗に並びきらないと決まらないので、可能性はそんなに高くありません。


あくまで、4キルも可能ぐらいな感じです。


このデッキのキーポイントは、アイレンクラッグの妙技とスカークの炭鉱者によるマナ加速です。


20200101_013509



アイレンクラッグの妙技から炎の大口、ドラクセスで4~5ターン目に殴りにいったり(ドラゴンの大嵐は速攻も付与できます)、コンボが決まらなくても大量のゴブリンを龍の降下でドラゴンに変えて、殴り倒したりすることも可能です。


20200101_013553



他にも、邪魔なクリーチャーは4ターン目にアイレンクラッグの妙技を使い、ミジウムの迫撃砲を超過で唱えて一掃することもできます。


20200101_013636



雷破の執政、栄光をもたらすもの、大量のゴブリンでビートするのもいいでしょう。


20200101_013712



コンボだけにこだわらず、純粋に殴り勝ちに行けるのも強みです。




サイドは残念ながら、まだ完成してるとは言えません。


対青白コントロールように、目覚めた猛火チャンドラを入れたいのですか、今月は予算がガス欠のため、しばしの待機中です。


あとパイオニア環境がよくわからないので、ガバガバのガバなサイドになっております。


今後、実戦を重ねて改良していきたいと思います。




ちなみにこのデッキ。


実は物凄く格安デッキになっております。


なんとメインだけなら、栄光をもたらすものが500円くらいで、他は全部1パック以下くらいのカードしか入っておりません!!(現在のレート


全部合わせても、ざっくり計算でメインだけなら5000円くらいで組めます。


サイドは完成しているとは言えないので、まだなんとも言えませんけれども。


ドラゴンが好きで、これからパイオニアを始めようかなーという人には、ぜひおすすめです。


それでは、また次回の更新でお会いしましょう!!




いよいよ、2019年はあと一日となりましたね!!


皆様はどような一年だったでしょうか?


私はこのこうな一年になりました。


Screenshot_2019-12-29-19-29-49



友人が戦績一覧を記録して、ネットにアップしてくれているので、それを引用させていただきました。


結果は身内で集まってやる、身内ガチモダン杯と公式戦とに別れております。


まずは身内ガチモダン杯を見ていきましょう。


毛皮骨肉11勝18敗


……圧倒的なまでの敗北!!


身内ガチモダン杯は、大体皆おおよそ使うデッキが予想されるので、ガチガチに身内メタを組んで挑みます。


私はバーンを主に使うため、ガチガチのバーンメタの中を突っ込んで、この様です。


いや、きついんですよ!


バーンを思いきりメタられると!!


まぁ……他のデッキで器用に立ち回れなかったのが、大きな敗因でもあります。


今年はバーン以外、はっきりとデッキを固定できなかった年でした。


それと純粋に実力不足。


それに尽きます。


くやしぃぃ。


来年、リベンジできるように頑張ります。




お次は公式戦の記録。


毛皮骨肉23勝15敗2分け


うーむ、まずまずですかね。


ちなみに使用デッキ別の結果がこちらです。


Screenshot_2019-12-29-21-49-22



……圧倒的なまでのバーン一本!!


今年、バーン以外で勝てるデッキを見いだせなかったんですよ……。


しかもバーン使ったら勝てちゃうから。


余計バーンに頼ってしまう結果となりました。


しかしこの結果。


今年9月から公式戦にほぼ参加できておらず、エルドレイン後の公式戦は、ラクドスエルドラージで挑んだ1勝2敗のみにとどまっております。


つまり、環境が大きく変わった中、来年もバーンでこの調子で行けるとは限りません。


自分自身の研鑽、環境の読みを深めていかないと、来年は厳しい年となりそうです。


更なるバーン研究と、他のデッキでも勝てるように頑張って行きたいと思います。


あと来年は、パイオニアとレガシーの公式戦も出られるようになれたらいいなぁと思っております。


ちなみにパイオニアは1回だけ大会に出れて……全敗しましたけどね!!(絶望




最後となりますが、今年一年、毛皮骨肉工房を閲覧いただき、ありがとうございました。


いつもいつも、不定期更新となっており、申し訳ありません。


来年こそは、一年を通じて更新できる事を目標に頑張って行きたいと思います。


2020年も、よろしくお願いいたします。


無事にお給料が入り、早速通販でお買い物しました。


そして先日無事に我が家に到着!!


嬉しくて思わずフゥー!!って叫んでしまいました。


漫画みたいに喜ぶねと言われました。


ほんとはショップを巡って安いものを探したいところでしたが、最近はあまり時間がなくて、通販頼りになってしまっております。


購入したのはこちらです。


20191229_111700



大体、総額1万6000円程購入。


給料入ったら、すぐにフルスロットルでmtgに突っ込んでしまいます。


うむ。


いっぱいカードを買って並べるのは、壮観で気持ちが良いですね。


買ったパーツを細かく見ていくと、まずはこちら。


20191229_113812



パイオニアでドラゴンストンピィを組むために買いました。


そして現在、無事に完成。


また後日、紹介させていただきたいと思います。


金色のドラゴントークンカッコいいです。


本当は霊気池使ったドラゴンストンピィ組もうとして、


あれ?霊気池いらなくね?


となり、純粋なドラゴンストンピィになりました。


踏み鳴らされる地は、その名残です。


あれ?いらなくね?はよくあることですね。


きっとそうです。


霊気池はまた今度、改めて考えようと思います。


お次はこちら。


20191229_113856



モダンのデルバーのパーツです。


神秘の聖域のフォイルが180円で、ノーマルと60円しか変わらなかったので、フォイルで買っちゃいました。


美しいです。


お次はこちら。


20191229_114007



パイオニアのゴルガリエルフ用のパーツです。


良い感じで揃ったので、完成が楽しみです。


最近、パイオニアデッキ製作がジャンジャンはかどっており、楽しいマジックライフを過ごせております。


はやく作ったデッキ回したいですわ!!


それでは、また次回の更新でお会いしましょう!!


↑このページのトップヘ