MTG:毛皮骨肉工房

プレインズウォーカー毛皮骨肉の、まったりmtgライフをお届けします

2015年03月

いっやっほぅ!!龍紀伝発売だぜ!!遊びまくるぜ!!


……ずっとこうありたいものだが、そうはいかない。


只今、現在進行形で会社という隔離施設に捕らわれてしまっているのである。思考囲いを食らっているかのような気分だ。


マジック触りたいよ……遊びたいよ……。


しかし、現実の思考囲いはとても厳しい。


Image-11



二点のライフロス?
むしろ、てめぇの脳みそも破壊した上に魂も吸いとってやるわ!!


これが、現実の、会社という労働施設が唱えた場合のリアル思考囲いである。


あいたたた、会社の悪口書いてたら足つった。すみません、会社のお給料のおかげで生きていられます。すみません、頑張って働きます。


これが、脳みそと魂がぐちゃぐちゃになった結果である。





1カートン開封作業の後、途中精神が壊れたり、出稼ぎに行ったりなど、色々あった。
だが帰宅後、無事にある程度カードの整理を終える。


そして整理後は早速、お楽しみのデッキ構築だ!!


1カートンも買えば神話レアはそこまでだが、レアまでは大体揃う。
デッキ、作りたい放題なのである!!
まとめ買いはクレイジーかもしれないが、その分クレイジーに遊びまくることができる。


ということで早速構築開始!!


今日は前々から作りたいと思っていたプラスカウンターデッキを制作。


20150329_232255




それから、以前から作っていた白黒ドレイン戦士デッキと、赤単のコピーデッキを龍紀伝仕様にカスタマイズ。


20150329_232049



プラスカウンターデッキ、予想以上に使ってて楽しい。
特に毅然さの化身がハマった時がとても気持ちいい。
ただまだ調整中なので、詳細は後日掲載させていただきます。



構築テンションが渦巻き高まりまくっているので、今日の更新はここまで!!



ではまた、ケガワコツニクのマナが漏出した場所でお会いしましょう。






ついに届きました!!


1カートン!!


20150327_181433



パックを開封する瞬間、それはプレインズウォーカーにとって至高の瞬間だ。
しかし、何事も限度というものが大切なのである。


1ボックス目


ふぅぅーーいぇぇぇーーいい!!


2ボックス目


いいぇぇぇーー!!


3ボックス目


い、いぇぇ!!


4ボックス目


よし、開けよう……。


5ボックス目


ぅぅぅぅ


6ボックス目


ぅぅぅぅ……ぐわぁ!!AMSから、光が逆流するぅぅぅぅ!!



インクの香りとパックの残骸と大量のカードに囲まれながら、私は意識を失った。


意識を取り戻した時、既に日は上り朝になっていた。


カードの整理?一体何が何枚当たったのか?


分からない……ただはっきりしているのは、これから社畜として出勤しなければならない事実だけ。


何事も、ほどほどが大切だという事をいつも学びながら、私は同じ過ちを繰り返している。












今日は龍紀伝の発売日!!


仕事でのストレスが限界突破な私は1カートンを予約。


お金?給料?吹っ飛んじまうぜ!!


今月は間違いなく赤字です。というか毎月MTGにお金をつぎ込みすぎてお金ないです。超過です、オーバーロドです。


龍紀伝の迫撃砲が飛んできます。


Image-20






はれるやで予約してるんだけど、早く来ないかな……ナーセットのフォイルが当たるといいな。





多次元宇宙には、数多くの絶景が存在する。


この記事では、そんな絶景達の一部を紹介していきたい。


まずはこちら。


20150326_000951-1



運命再編の森だ。
深い緑に包まれた森の奥に、ひっそりとたたずむ遺跡。己の運命を探しに来た冒険家は、この遺跡を見つけたとき、どんな運命に出会うのだろう。




お次はこちら。


20150326_000911-1



ディミーアのギルド門だ。
うっすらと揺らめくように立つ、不気味な門。それは見えざるものへの入り口。足を踏み入れれば、その足は抜け出せない闇への第一歩となりそうだ。



今日の最後はこちら。


20150326_001039-1



インベイジョンの島だ。
透き通るような青い世界に立つ、切り立った岩礁。その青い世界の岩に立った一人のプレインズウォーカーは思った。
このどこまでも続く青い光は、自由だ。
いつか自由なこの光のように、どこかへと駆けだしたい。
駆け出せば自分も透き通るかのように、青い世界に溶け込むことができるだろうか……。





今日の絶景集はここまで!


また絶景の果てにてお会いしましょう。










↑このページのトップヘ