MTG:毛皮骨肉工房

プレインズウォーカー毛皮骨肉の、まったりmtgライフをお届けします

2017年06月







氷雪土地を使った、赤単組みたい。


121204_jp



Screenshot_2017-06-02-10-29-09-1



嵐の息吹のドラゴンを使ったデッキを組みたいだよなー。


20170602_111353-1



あらいぶ、やっぱり格好いいよね。


個人的な話で、あらいぶがスタンの頃。


買ったはいいものの、いまいち使いこなさせず、未練の残る一枚となっています。


できればモダンで使いこなせないかと、デッキリストを漁っていたら、氷雪土地を使った赤単で使われている事にたどり着きました。


121233_jp



Screenshot_2017-06-02-10-33-31-1




土地のお値段事態はそんなに。


いや、一枚300円の山と考えるとすごい高いかも……。


20枚買ったら6000円じゃないですか。


いやでも、他のデッキでフェッチランド積んでること考えたらやっぱり安いのかな?


そうだよね。安いよね、きっと。深く考えるのはやめよう。


そんなことより、もっと重大な問題が。


冠雪の山って、売ってるところあんまり見たことない。


はたして20枚もどうやったら集められるのでしょうか。


あらいぶ使うのって、やっぱりハードル高いな……。


だれか!あらいぶの、お洒落でかんたんな使い方あったら教えて!!














中身は色々な変遷を辿っていますが、長年愛用しているモダンのバーンデッキをご紹介。


僧院の速槍×4
ゴブリンの先達×4
大歓楽の幻霊×4


クリーチャー12


稲妻×4
裂け目の稲妻×4
溶岩の撃ち込み×4
欠片の飛来×4
焼尽の猛火×4
稲妻の螺旋×4
ボロスの魔除け×4
頭蓋割り×3


スペル31


感動的な眺望所×3
聖なる鋳造所×2
踏み鳴らされる地×1
樹木茂る山麓×4
乾燥台地×2
血染めのぬかるみ×2
山×3


土地17


20170531_193250



今組んでるバーンは、土地を極限まで切り詰めて、できるだけ殺意を高めて組んでいます。


デッキリストで多いのは、土地20枚をよく見かけます。


それを一時期真似していたのですが、熱い土地引きが多いのでやめました。


土地は火力が撃てる分だけあれば十分。


土地1~2枚で倒せるようになっています。


変わったところとして、欠片の飛来を4枚積んでいます。


20170531_193355-1



追加コストで土地1つを生け贄に捧げる稲妻なのですが、前半は手札に貯めておきます。


相手のライフが射程圏に見えた時、おもいっきりぶん投げてやりましょう。


ピッチスペルではありませんが、レガシーのバーンの火炎破的な感じで使うといいと思います。


20170531_193514-1-1



試しに、何もしてこない状態のカカシを相手に、キルターンを検証。


20170531_185629-1



先行後攻を5回ずつ、計10回。


平均キルターンは4.5ターンでした。


まぁ、こんなもんでしょうかね。


そのうちマリガンは1回でした。


キープ基準は土地1~2枚。


土地3は悩みます。


4ならマリガンで。


つい先程、改造し終えたので、実戦の結果はまた後程ブログに掲載したいと思います。



















↑このページのトップヘ