MTG:毛皮骨肉工房

プレインズウォーカー毛皮骨肉の、まったりmtgライフをお届けします

2017年12月

さてはて、もうすぐ年越し。そろそろ来年のオーバーロード計画を考えていかなければ、なりません。


衝動的にカードを買ってしまい、つい許せる金額を越えてしまうこと。


それがオーバーロード(超過)。


プレインズウォーカーであれば誰しもが通る道であり、宿命といっても過言ではありません。


それが生き様となっているプレインズウォーカーも、世の中にはいることでしょう。


勿論、プレイスタイルは人それぞれ。


好きなだけオーバーロードしたって、誰も咎めやしません。


ただ長く楽しく、己の身に破滅の刻が訪れないようにするためにも、正しく1年間のオーバーロード計画を練らなければならないことを、最近私は考えるようになりました。


自分の身の丈を越えてオーバーロードした結果がこちら。
ケガワコツニクのマナ漏出:予約
http://blog.livedoor.jp/kegawakotuniku/archives/25688882.html


ケガワコツニクのマナ漏出:逆流
http://blog.livedoor.jp/kegawakotuniku/archives/25765440.html


勿論、カードの売買が得意だったり、色々な財テクがあるなど、人によってオーバーロードの基準は様々です。


ただこの時は、ストレスで精神がブッ壊れて、私のオーバーロードの基準を、本当にオーバーロードしてしまってました……。


こうならないように、これから私の財政を一例に、2018年度オーバーロード計画を考えていきたいと思います。


1、一ヶ月で使えるマジックの金額は何円か?


私は現在、趣味交友費雑費を合わせて3万円。そのうち大体、1万円ぐらいを目処にマジックに使っています。


2、年間で計算するといくらマジックに使えるのか?


合計で12万円になります。ここが一つの、オーバーロードの基準になります。


3、現在、本当に欲しいカードの金額はいくらか?


私の場合、来年ヴェリアナは絶対に揃えたい。おおよそ、4万円になります。


4、残りの金額で、他に何に使いたいか?


スタンデッキは1つ欲しい。


特に、来年の秋にはカラデシュブロック、アモンケットブロックが落ちるので、今組んでるスタンデッキは必ず機能しなくなります。


なので、新しいカードを買う費用を捻出しなければなりません。


それと現在あるモダンデッキの補強費用。
構築マニアとしては、新しいモダンデッキもあと1つか、欲を言えば2つ作りたい。


あとリミテ、ドラフトのパック代とかも必要になります。


スリーブ、デッキケースとかもいるかも。


5、合計でいくらになるか?


ヴェリアナで4万円。


残り8万。


スタンデッキで、余裕をもって作るとして2万。


残り6万。


パック代、スリーブ、デッキケースは、節約思考でできれば1万円以内に抑えたい。


残り5万。


この残りの金額がモダンの費用になるかな?


モダンデッキ、2つ作るのはちょっと厳しそうだな。


6、臨時収入について


勿論、カードを売ったり、ゲームを売ったり、何かしらの臨時収入があるかもしれません。


基本は年間いくら使えるかを念頭に置いておいて、臨時収入が入ったら、入った分だけ越えないよう、好きなように使おうかなと思います。





大体こんな感じで、おおよその予算を組めば、オーバーロードしすぎて瀕死状態になるということも、少なくなる……はず。


ただマジックの良いところは、乱高下があるにせよ、買ったカードもある程度の金額で売れるので、ついつい勢いで買ってしまったりするんだよなぁ……。


おっと。危ない危ない。


油断しているとまた本当にオーバーロードしてしまう。


それでは、来年の自分に、そしてプレインズウォーカーの皆様に破滅の刻が訪れないことを祈って。


また次回の更新でお会いしましょう。





ここ最近はシングル買い安定だったのですが、久しぶりに運試し。


棒ショップに400円でなんのパックがでるかお楽しみガチャがあり、回してみました。


なんでもモダマスだって出てくるらしいぞ!


出てきたのは……


20171216_220751-1



ブッ。ドラゴンの迷路でした。


いや、まだだ。


ショックランドか、復活の声の可能性もあるぞ!


早速開封。


結果は……


20171221_154603



狂気の種父でした。


この結果が狂気ですよ。


おまけで罪の収集者もゲット。


ちなみにその後に買った友達が、ガチでモダマス2017を当ててました。


さらにそこから、沸騰する小湖を当ててました。


一体前世でどんな徳を積んだら、そんな奇跡が起こるんだよ。




悔しいので、今度は1000円でモダン優良カードが当たるガチャにチャレンジ。


タルモやリリアナ来てくれカモンヌ!!


結果は……


20171221_154655-1



死の陰でした。


1000円で死の陰なら悪くないかな。


来年はデスシャドウでも組もうかな……大体のパーツ持ってるし。


それでは、また次回の更新でお会いしましょう。










先日、友人8人と、2017年モダン王者決定戦が開催されました。


参加料金1人300円。


優勝者にはモダマス20171パック。


2位にはアイコニックマスターズ1パック。


俄然、燃えてきたぜ!!


今回の記事は、その結果の記録です。


私の使用デッキはこちら。
モダン構築記事:白黒エルドラージ
http://blog.livedoor.jp/kegawakotuniku/archives/74046943.html



一戦目


白黒エルドラージ×8rack


結果は××でした。


初戦、まさかのメガハンデスとの対戦。


8rackはハンデスしながら、拷問台、金切り声の苦悶でライフをガリガリ削っていくデッキです。


Shrieking+Affliction



The+Rack



今回、友人同士の対戦ということもあり、ガチガチに身内メタを張っていったのですが、初戦いきなりのメガハンデス。


ヤバイ!なんの対策も練ってないってばよ!


はい。サクッと1本目とられました。


ハンデスされまくって何もできないところに、拷問台と金切り声の苦悶をセットされました。


2本目。


とりあえず、万能サイド枠から仕組まれた爆薬1枚と解呪3枚をサイドイン。


しかし後から考えれば、サイドアウトしたカードがなぜかレオニンの裁き人。


サクッとやられ過ぎて、テンパってしまった。


相手のデッキにクリーチャーなんかいないのだから、流刑への道をサイドアウトするべきだった……。


これが敗北の始まりであり、全てでした。


戦いが始まり、難題の予見者を召喚できるところまでいく。


ヴェリアナを追放する。


これは行ける!


の流れから、小悪癖をトップされる。


こちらは無駄な流刑を引く。


解呪やっと来た!と思ったら、ライフ残り3点。


変わり谷に殴られて死亡……。


マジックはサイドチェンジしてからが勝負です。


人間、テンパってる時が一番負けるんですね。


サイドチェンジは焦らず、冷静にしましょう。


自分に言ってますよ。




2戦目


白黒エルドラージ×プレイズウォーカーコントロール


結果は○○でした。


いつもは親和とかカンパニー使ってる人なのに、まさかのローグデッキとの対戦。


みんな、メタの予想を越えて参戦してきています。


男気を感じるってばよ。


しかしこちらのヘイトベアーが、まったりした展開にガッチリはまり、ストレート勝ち。


メガハンデスに身も心もメガハンデスされていたので、少し回復しました。


勝利が一番の薬ですね。




3戦目


白黒エルドラージ×青緑マーフォーク


結果は×○○でした。




1本目。序盤は順調にバイアルからヘイトベアー、闇の腹心を展開し、好スタート。


しかし、唯一色マナを出せる状態だった秘密の中庭に、広がり行く海を貼られ、雲行きが怪しくなる。


闇の腹心でめくってもめくっても、色マナが出る土地がでない!


やべ!ロードに流刑が撃てないよ!


焦りからか、闇の腹心のドロー誘発に集中しすぎたのか、霊気の薬瓶にカウンターを乗せるのを忘れて、出せるクリーチャーまで出せなくなる始末。


当然の如く、そのまま負け。


人間、焦ったら負けなんですよ……。


これ、何回目だ。


ちなみに、白黒エルドラージは土地を攻められると本当にキツいです。


血染めとか海とか本当にやめてください。




2本目。


ということで、今回はメガハンデスの時といい、メンタル的な所でもやられている気がしたので、一回冷静に落ち着いてサイドチェンジ。


サイドインするカードは勿論、解呪3枚と仕組まれた爆薬1枚。


解呪はマーフォークの霊気の薬瓶と広がり行く海を狙えます。


仕組まれた爆薬は相手の置物は勿論、相手の2マナロードを根こそぎ破壊出来ます。


サイドアウトするカードは、レオニンの裁き人。


相手のサーチするカードが少ないかな……と思ったので。


正解かは分かりませんが。


始まると、なんと相手はトリマリ。


さすがにそこまでいくと、すんなり勝てました。




3本目。



ラストバトル。ここからが、本当の勝負。


序盤、相手は初手で霊気の薬瓶をセット。


こちらは霊気の薬瓶をセット出来ず。


不利な展開に。


しかし解呪で相手の薬瓶を破壊し、長期戦に。


お互い、クリーチャーが並び、ハンドも使いきり、にらみ合いが続く。


こちらのライフは1。


吐きそうな苦しい展開。


しかしここで、こちらの群れネズミが本領発揮。


253624_jp



引くカード引くカードを全て、巨大ネズミトークンに変え、なんとか勝利。


長期戦に群れネズミは素晴らしいカードですね。


引いた土地も、ライフ1なのにきた闇の腹心も、全て群れネズミに変わりました。




というわけで、今回の結果は2勝1敗の3位でした。


惜しくも賞品には届かず。


……やはり、最初のメガハンデスでサイドチェンジミスったのが、響きましたね。


次からサイドに、神聖の力戦入れたろ。


それでは、また次回の更新でお会いしましょう。













今日は18時から、友人達8人で集まり、年の瀬ということで、2017年のモダン王者決定戦が開催されます。


一体どのデッキで参戦するか、悩むところです。


汎用性の高い白黒エルドラージで行くか。


モダン構築記事:白黒エルドラージ
http://blog.livedoor.jp/kegawakotuniku/archives/74046943.html


意外性のナーセットミラクルで行くか。


モダン構築記事:ナーセットミラクル
http://blog.livedoor.jp/kegawakotuniku/archives/74003738.html


短期決戦に持ち込み、一転突破のバーンで行くか。


モダン構築記事:バーン2
http://blog.livedoor.jp/kegawakotuniku/archives/74076364.html


イラストアドを取りながら、クロックパーミを刻むか。


モダン構築記事:フェアリー
http://blog.livedoor.jp/kegawakotuniku/archives/74065308.html


ゴリゴリのパワーでビーストするか。


モダン構築記事:緑単ストンピィ
http://blog.livedoor.jp/kegawakotuniku/archives/70620253.html


こう考えて見ると、結構モダンデッキも増えてきました。


私は結構、デッキ構築マニアなところがあるので、嬉しい限りです。


大会の結果はまた後日。


有終の美を飾れるよう、頑張ってきます!!











前回書かせていただいた、バーンから変遷を経た記事です。
モダン構築記事:バーン
http://blog.livedoor.jp/kegawakotuniku/archives/71157332.html




僧院の速槍×4
ゴブリンの先達×4
苛立たしい小悪魔×4
火花の精霊×4
地獄火花の精霊×4


クリーチャー20


稲妻×4
溶岩の打ち込み×4
裂け目の稲妻×4
ボロスの魔除け×4
焼尽の猛火×4
頭蓋割り×2


スペル23


山×4
感動的な眺望所×2
血染めのぬかるみ×4
樹木繁る山麓×4
乾燥台地×2
聖なる鋳造所×1
踏み鳴らされる地×1


土地18


20171215_132728



前回と比べて、かなり赤単スライ化しました。


まず稲妻の螺旋は抜け、そこに火花の精霊が入りました。


20171215_132821-1



確かに、稲妻の螺旋は強力なスペルなのですが、2マナ3点より1マナ3点のを重視。


1ターンでも早く倒したい。


大歓楽の幻霊も外れ、地獄火花の精霊を入れました。


20171215_132856-1



大歓楽の幻霊も勿論強いのですが、体感として、出した返しにすぐに除去を撃たれて、2マナのショックになることが多いイメージがあります。


それならば同じ2マナの地獄火花の精霊で、1枚で6点ダメージを与えれる方がいいかと思い、入れています。


欠片の飛来が抜け、苛立たしい小悪魔が入りました。


20171215_132836-1



相手に除去がなければ、大抵4点火力として働いてくれますし、使っていて楽しい。


欠片の飛来を入れすぎは、さすがに安定感が失われ過ぎました。


変更点は大体、こんな感じです。


パーンを使っている感想ですが、1ターン目からガリガリライフを削っていく感覚は、とても気持ちいいものです。


ただやはり、サイド後は力戦入れられたり、回復されたり、とても難しいです。


しかもよく見かけるバーンのリストだと、マルチカラー化してたり色拘束も厳しいため、土地まで攻められます。


私のバーンが段々赤単スライ化しているのも、力戦とか土地対策も含めてこうなってきてます。


メインでも尖らせながら、ある程度柔軟が効くようにして、サイド後も戦いやすくしてる感じです。


……正しいのかどうかは、分かりませんが。


殴って火力で焼く。シンプル故に、奥深く、考えさせられるデッキです。


ちなみに私の財布はいつだって火の車。火力に特化したバーン財布です。


毎ターン焼尽の猛火撃たれてますわ。


それではまた、次回の更新でお会いしましょう。










↑このページのトップヘ