MTG:毛皮骨肉工房

プレインズウォーカー毛皮骨肉の、まったりmtgライフをお届けします

カテゴリ: 構築記事

あけましておめでとうございます!!


本年もMTG:毛皮骨肉工房をよろしくお願いいたします!!


もう2020年だなんて、信じられませんね。


気分的にはまだ2008年くらいの気分です。


というわけで早速、パイオニアの構築記事を書かせていただきたいと思います。


龍の降下ドラゴンストンピィです。


20200101_011702



スカークの炭鉱者×4

雷破の執政×4

栄光をもたらすもの×2

炎の大口、ドラクセス×3


クリーチャー13


ドラゴンの餌×4

軍族童の突発×4

ドラゴンの大嵐×4

龍の降下×4

アイレンクラッグの妙技×4

ミジウムの迫撃砲×4


スペル24


山16

悪意の神殿×4

ラムナプの遺跡×3


土地23


20200101_014004



サイド


実験の狂乱×4

減衰球×4

墓堀の檻×2

焦熱の連続砲撃×3

破滅の時×1

丸焼き1



このデッキのやりたいことは、とてもシンプルです。


まずは文字通り、ドラゴンの餌、軍族童の突発で、ドラゴンを呼び出すための餌であるゴブリンを撒きます。


20200101_013000



そしてドラゴンの大嵐をセット。


20200101_013046



そしてアイレンクラッグの妙技、もしくはスカークの炭鉱者を使ってマナ加速し、龍の降下をぶっぱなします。


20200101_013118



すると、ゴブリンが3体並んでいた場合、龍の降下でドラゴンを3体召喚。


ドラゴンの大嵐により、本体に3×3点。


速攻も付与されているので、4×3の12点パンチ。


うまく決まれば、最速で4ターンキルが可能なデッキです。


ただこの場合、ドラゴンの大嵐、軍族童の突発、アイレンクラッグの妙技から龍の降下と、綺麗に並びきらないと決まらないので、可能性はそんなに高くありません。


あくまで、4キルも可能ぐらいな感じです。


このデッキのキーポイントは、アイレンクラッグの妙技とスカークの炭鉱者によるマナ加速です。


20200101_013509



アイレンクラッグの妙技から炎の大口、ドラクセスで4~5ターン目に殴りにいったり(ドラゴンの大嵐は速攻も付与できます)、コンボが決まらなくても大量のゴブリンを龍の降下でドラゴンに変えて、殴り倒したりすることも可能です。


20200101_013553



他にも、邪魔なクリーチャーは4ターン目にアイレンクラッグの妙技を使い、ミジウムの迫撃砲を超過で唱えて一掃することもできます。


20200101_013636



雷破の執政、栄光をもたらすもの、大量のゴブリンでビートするのもいいでしょう。


20200101_013712



コンボだけにこだわらず、純粋に殴り勝ちに行けるのも強みです。




サイドは残念ながら、まだ完成してるとは言えません。


対青白コントロールように、目覚めた猛火チャンドラを入れたいのですか、今月は予算がガス欠のため、しばしの待機中です。


あとパイオニア環境がよくわからないので、ガバガバのガバなサイドになっております。


今後、実戦を重ねて改良していきたいと思います。




ちなみにこのデッキ。


実は物凄く格安デッキになっております。


なんとメインだけなら、栄光をもたらすものが500円くらいで、他は全部1パック以下くらいのカードしか入っておりません!!(現在のレート


全部合わせても、ざっくり計算でメインだけなら5000円くらいで組めます。


サイドは完成しているとは言えないので、まだなんとも言えませんけれども。


ドラゴンが好きで、これからパイオニアを始めようかなーという人には、ぜひおすすめです。


それでは、また次回の更新でお会いしましょう!!




私はモダンを始めてから、いろんなデッキを作っては壊し、作っては壊しを繰り返してる飽き性な一面があるのですが、一つだけずっと使っているデッキがあります。


それはバーンです。



20191222_192956




僧院の速槍×4

ゴブリンの先達×4

大歓楽の幻霊×4


クリーチャー12


稲妻×4

溶岩の打ち込み×4

裂け目の稲妻×4

批判家刺殺×4

焼尽の猛火×4

ボロスの魔除け×4

稲妻の螺旋×4


スペル28


血染めのぬかるみ×4

乾燥大地×3

山3

感動的な眺望所2

踏み鳴らされる地1

聖なる鋳造所2

灼陽大峡谷4

焦熱島嶼域1


土地20


サイド


20191222_193941



頭蓋割り3

コーの火歩き2

安らかなる眠り2

石のような静寂2

燃えがら蔦3

損耗/摩耗1

粉々2


バーンとは、ご存知の方もたくさんおられると思いますが、優秀な火力呪文を相手にこれでもかと言わんばかりに叩きつけて、ライフを直接溶かし、勝利を狙うデッキです。


優秀な火力の代表格といえば、やはりこちら。


20191222_193110



稲妻でしょう。


1マナで3点、プレイヤー、クリーチャー、プレインズォーカーにダメージを与えられる、最高にクールな火力です。


古の、最強の火力呪文と言っても過言ではありません。


他にもバーンには、火力がてんこ盛りです。


各スペルとも、稲妻ほど汎用性がきくわけではありませんが、どれも強力です。


溶岩の打ち込みはプレイヤー限定で3点。


20191222_193212



ドラクエのメラゾーマみたいなイラストですね。


カッコいいです。


裂け目の稲妻は、時間差は生まれますが、待機1でクリーチャー、プレイヤー、プレインズォーカーを選べる3点火力です。


20191222_193253



(待機は、一旦待機コストで唱えると、待機カウンターがのって、追放領域にいきます。そのあと、次の自分のアップキープに1個待機カウンターがとれます。待機カウンターが0になったら、呪文がそのままマナコストを払う事なくとなえれます。)


批判家刺殺は、絢爛コストで1マナ3点火力に化けます。

(絢爛は、唱えるターンに相手にダメージを与えていると絢爛コストで唱えれます)


20191222_193321



バーンにとって批判家刺殺を手に入れたのは、2019年の大きな収穫の一つです。


2マナ域にも優秀な火力が満載されています。


ボロスの魔除けは、モードは3つありますが、バーンで主に使うのはプレイヤーへの4点火力です。


20191222_193512



愛称はボロチャ。


モダンのバーンで赤白が多い理由は、ボロチャを入れたいがためです。


焼尽の猛火は、上陸でクリーチャーとプレイヤー両方に3点火力に化けます。

(上陸は、唱えるターンに土地を出していると、上陸になります。フェッチランドを使うと、インスタントタイミングで上陸になります)


20191222_193424



邪魔なクリーチャーを排除しながらプレイヤーにもダメージを与えれるため、非常に強力です。


ただクリーチャーの少ないデッキにはあまり効果がないので、サイドアウトする事も多いです。


稲妻のらせんはクリーチャー、プレイヤー、プレインズォーカーを選べる3点火力です。


20191222_193349



この呪文の最大の魅力は、ダメージを与えた後、なんと3点ライフを回復出来るところにあります。


実質、2マナで3点ドレインです。


ドレインが得意な黒の呪文を遥かに越えるマナ効率で、対ビートダウン戦、対バーン戦等、序盤からライフを積極的に狙うデッキに対して、大きな効果を発揮します。


特にバーンのミラーマッチになると、どちらが多くの稲妻のらせんをより引き、撃てるかで勝敗が別れる場合があります。


バーンにとってライフゲインは天敵なので、お互いが稲妻のらせんを撃ち合うことがあるのです。


バーンのミラーマッチの時は、気合いを入れてヘリックス!!

(稲妻の螺旋の愛称。英明が Lightning helix のため)

と叫びましょう。


より強く、気合いを入れてへリックス!!と叫んだ方が稲妻のらせんを手中にし、バーンのミラーマッチを制することができるでしょう(大嘘)。


ただそれだけ、勝利に直結するので、稲妻のらせんを引くかどうかは気合いが入ります。


お互いにヘリックス!!と叫びあった後には、バーン使い同士の熱い友情が芽生えるかも?しれません。




バーンには火力だけではなく、高速でライフを溶かすのに適したクリーチャーも揃っています。


僧院の速槍は、一見ただの赤1マナ、1/2速攻持ちに見えますが、最大の特徴は果敢にあります。


20191222_193629



果敢はこのターンに、クリーチャーでない呪文を唱えた数だけ+1/+1修正されます。


つまり、火力を連打すれば連打するだけ僧院の速槍はムキムキになり、高い打点を叩き出します。


バーンには、優秀な軽量スペルが満載なので相性は抜群なのです。


それになにより、イラストもベリーキュートですね!!


ゴブリンの先達は、1マナで2/2速攻。滅茶苦茶強力で、1ターン目からガンガンライフを削っていきます。


20191222_193559



攻撃をするときに相手のライブラリーをめくって、土地なら相手の手札にいってしまうというデメリットもあるのですが、序盤で終わらせるバーンにとって、大したデメリットにはなりません。


大歓楽の幻霊は、3マナ以下の呪文を唱えるたびに、唱えたプレイヤーにも2点ダメージを与えます。


20191222_193659



相手の行動を大きく制限することができます。


ただ注意しなければいけないのは、自分も自分の3マナ以下の呪文を唱えると、2点くらうこと。


大歓楽の幻霊を出すタイミングは、相手のライフが自分のライフより大きく下回っている時か、自分がダメージをくらっても押しきれる時、稲妻のらせんでダメージを軽減しながら攻められる時などです。


非常に強力なカードですが、出すタイミングを間違えると負けに直結しかねない、諸刃の剣なのです。


ただストームなど、スペルを連打するようなデッキにはすぐ出しましょう。


相手は出すだけで悶絶します。




2019年のバーンは、土地にも大きな収穫がありました。


それはキャノピーランドです。


20191222_193817



バーンにとって、息切れしかかっている時の土地引きは、死に直結します。


それをキャノピーランドは、序盤はマナ基盤の安定に貢献しながら、後半はドローし火力に変われる可能性を見いだしてくれる、最高のカードなのです。


他の土地も見てみましょう。


フェッチランドは、他のデッキにとってもそうですが、バーンにとっては特にデッキ圧縮を意識しましょう。


20191222_193740



大体、バーンは3~4枚土地がこれば十分回ります。


逆にそれ以上土地が来ると、かなり厳しい展開になります。


ちなみにこのデッキリストは、血染めのぬかるみと乾燥台地を入れていますが、山が持ってこれるフェッチランドであれば何でも大丈夫です。


余談ではありますが、フェッチがなぜこんなに皆入れていてお高いのかといいますと、サーチすることによりマナ基盤が安定しやすくなるのは勿論ですが、このデッキ圧縮の効果が目に見えづらい非常に大きなメリットになっているからです。


フェッチランドでライブラリーから土地を持ってくることにより、ライブラリーの中の土地を1枚少なくすることができます。


そうすることで、後半に余計な土地引きをする可能性を減らすことができるのです。


また、墓地を利用するデッキにとっては、フェッチを出すだけで墓地の枚数を増やせるというメリットもあります。


これだけ強力な土地なので、パイオニアでは禁止されたのでしょうね。



サイドカードの選択は、バーン使いにとっては最も重要かもしれません。


なぜならバーンは、その強力さ故、強烈なアンチカードがこれでもかというくらいに、存在するからです。


バーンの以戦目1戦目の勝率は、はっきり言ってかなり高いです。


それだけ相手に理不尽な挙動を要求し、ちゃんと回れば3~4ターン目には相手のライフを焼き切ることができます。


その分相手は、きっちりサイドカードで対策してきます。


その強力なアンチカードをかいくぐる、サイドカードをこちらも用意しなければならないのです。


まずは頭蓋割りについて。


20191222_194010



頭蓋割りはシンプルに、火力を飛ばしながら相手のライフ回復をできなくするカードです。


まず、もっとも簡単に思いつくバーン対策は、ライフを回復することです。


例えば3点ライフを回復されるだけで、稲妻が1枚なかったことにされます。


バーンは手札を一気に使い切って相手を倒すため、長期戦には向いていません。


例え1枚でも稲妻を無力化されるだけで、大きなテンポロスとなります。


頭蓋割りはそんな回復呪文を唱えた相手に、スタックに上から乗せて唱えましょう。


相手はライフも回復できず、手札も1枚損失し、3点ダメージをくらいます。


メインから頭蓋割りを採用するのもありで、その辺は環境の読み次第かと。


安らかなる眠りは墓地対策です。


20191222_194051



安らかなる眠りが墓地にある限り、お互いの永久に追放し、墓地を利用するデッキを悶絶させます。


石のような静寂は、対アーティファクト用のカードです。


20191222_194128



アーティファクトの起動能力を使えなくします。


粉々も対アーティファクト用のカードです。


20191222_194033



アーティファクトを破壊し、3点ダメージを与えます。


バーンは虚空の杯をX1で置かれると、デッキがほとんど1マナスペルで構成されているので、悶絶します。

(虚空の杯はアーティファクト。XXマナで、Xのマナコストの呪文を虚空の杯が置かれている間、ずっと打ち消します)

虚空の杯を置かれた時は、すかさず粉々にしたいものです。


他にも勿論、アーティファクト多用する相手に効果大です。


燃えがら蔦は、バーンにとっての最大のアンチカード、神聖の力戦対策です。


20191222_194110



神聖の力戦は、唱えたプレイヤーに呪禁を与えます。


バーンの呪文は多くがプレイヤーを対象に取ります。


つまり出されると、悶絶です。


燃えがら蔦のいいところは、アーティファクトも破壊できて、何より置いておくだけでもダメージが与えれるところ。


コンボデッキに対して、追加の大歓楽の幻霊として入れることもあります。


なんでもできる、可愛いやつです。


損耗/摩耗は、役割が粉々と燃えがら蔦と被りますが、虚空の杯をX2で置かれた時にかいくぐれるな。


20191222_194141



ぐらいの感じで入れてます。

(分割カードのマナコストは、2つ合わせた合計。つまり、損耗/摩耗のマナコストは3)

強いカードなのですが、サイドの中のバランス的に変えようかな?とも、悩んでいます。


コーの火歩きは、主に対バーンのミラーマッチ用です。


20191222_194153



お互いに赤い呪文を撃ち合うので、大きな回復を見込めます。


プロテクション赤も強力で、除去もされにくいです。




あれ……バーンを愛するあまり、バーンの記事を書いていたら止まらなくなってしまいました。


ものすごい長文になってしまいましたね。


ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございます。


バーンは一見、戦術がシンプルなため、脳筋デッキに見えることもあると思います。


実際に、ぶん回れば無類の強さを発揮するため、脳筋で勝てることもあります。


しかし実際には、初手の手札を見た時にこの手札で焼き切れるのか。


メインで勝てたとしても、相手のアンチカードが何が来るかを予測し、対応しきれるか。


土地のプレイ、クリーチャー、火力を唱える順番。


相手を焼き切るためのプロセスを考え出すと、とても奥が深く、考えなければ勝てないデッキです。


私自身、がばがばのプレミを連発したり、ダメージ計算を失敗して負けたことも、多々あります。


しかしその分、相手を焼き切ったときは嬉しいです。


私個人としては、使っていてとても楽しいデッキです。


また、モダンの中では比較的安価な部類のデッキですので、これからモダンを始めようと思っていて、火力が好きな方がおられましたら、おすすめできるデッキだと思います。


私もまだまだ、バーン道の半ばにいる身ですので、精進していきたいと思っております。


長々と長文、失礼いたしました。


また次回の更新で、お会いしましょう!


パイオニアができてすぐに、イゼットフェニックスを組みました。


20191217_221856



クリーチャー


氷の中の存在4

孤光のフェニックス4

はじけるドレイク2


計10


スペル


イゼットの魔除け4

選択4

巧みな軍略4

癇癪4

稲妻の斧2

乱撃斬4

宝船の巡航4

至高の意志4


計30


土地


蒸気孔4

シヴの浅瀬4

尖塔断の運河4

硫黄の滝4

天啓の神殿1

山1

島2


計20


20191217_222338



サイド


削剥2

高山の月2

神々の憤怒3

嵐の神ケラノス1

儀礼的拒否1

否認1

払拭1

軽蔑的な一撃1

虚空の力戦3


計15


モダンで信仰なきもの漁りが禁止されて、フェニックスをもて余していたころに、パイオニアができたので早速組みました。


使い方はイゼットの魔除けや巧みな軍略でフェニックスを墓地へ落とします。


20191217_235645



後は軽量スペルを連打して墓地からフェニックスを戦場にだして、オラオラオラオラオラァ!!


20191217_235702



していくデッキです。


氷の中の存在だして、ぶん殴るのも最高です。


20191217_235820



墓地がよく肥えるので、宝船の巡航が気軽に唱えれて楽しいです。


20191217_235733



アンリコ最高!!


いつ禁止くらうか、ひやひやものですが。


ドレイクも尋常ならざるパワーに成長します。


20191217_235718



至高の意志は、カウンターとドローも兼ねて、お試しで入れてみました。


20191217_235538



モダンのイゼットフェニックスよりもスピードが落ちるので、丸い感じでフィットするかなと。


悪くはなさそうです。


選ばなかったカードが墓地に落ちたら、最高なんですけどねぇ。


それでは、今日の更新はここまで!


また次回の更新でお会いしましょう!!



今年の秋頃、ラクドスエルドラージファイアーズを組みました。


20191215_010336



難題の予見者4

現実を砕くもの4

熱烈の神ハゾレト2

嵐の息吹のドラゴン2

クリーチャー12


稲妻4

コジレックの審問4

思考囲い2

精神石4

魔性4

コラガンの命令3

創案の火4

スペル25


荒地2

山3

沼2

無声開拓地2

血の墓所2

エルドラージの寺院4

虹色の眺望4

血染めのぬかるみ4

土地23


サイド

粉砕の嵐2

疫病を仕組むもの2

終止1

戦慄堀り1

真髄の針1

殺戮遊戯2

神々の憤怒2

紅蓮地獄1

ラクドスの魔除け2

外科的摘出1


計15


戦術はシンプル!


序盤はコジレック、思考囲い、稲妻、コラガンの命令、魔性等で凌ぎます。


20191216_135359



精神石でマナ加速して、難題の予見者を叩きつけれるとなおよしです。


20191216_135425



後は創案の火を用意。


20191215_010435



そして現実を砕くものや嵐の息吹のドラゴンを叩きつけて勝利を狙うデッキです!


20191215_010521



1ターンで現実を砕くものと嵐の息吹のドラゴンを同時に出せると、とても気持ちいいです……創案の火、最高!!


場合によっては、嵐の息吹のドラゴンは出した瞬間、怪物化もできます。


ただドローが精神石と無声開拓地ぐらしいないので、後半土地引きが続くと辛いです……いらん手札は熱烈の神ハゾレトで、ポイッチョできるようには組んでます。


どのカードを、どのように配分したらいいのか、まだまだ試行錯誤中のデッキです。


魔性は色拘束がキツいですが、創案の火でなんとかなんるじゃね?


20191215_010556



というガバガバスタイルです。


あと魔性のイラストが好きなので、ガン積みしたくなりました。


強さよりもイラストを優先してしまうスタイルです、はい。


サイドはまだ対戦経験が少なくて、適当にしか組めてません……誰か、ケガワコツニクに2万年連休くらいください。


殺戮遊戯は完全な趣味です。


20191216_140400



イラストアド高すぎて好きです。


試行錯誤中で、強さも何もかもまだまだ未知数のデッキですが、暴力的で破壊的な感じがソー!グッド!なデッキに仕上がりました。


それではまた、次回の更新でお会いしましょう!!



































今年の夏頃、レガシーで赤単ストームを組みました。


20191213_130537



土地

山10

古の墳墓4

水晶鉱脈2

計16


クリーチャー

猿人の指導霊3


スペル

ルビーの大メダル4

覚醒の面3

煮えたぎる歌4

捨て身の儀式3

炎の儀式3

魔力変4

燃え立つ願い4

信仰無きもの漁り4

衝動的な行動2

魂の再誕3

炎の中の過去3

ボーナスラウンド2

ハゾレトの終わり無き怒り2

スペル40


サイド


20191213_130806



ぶどう弾1

力ずく1

落盤1

燃焼1

炎の中の過去1

破壊放題1

ボーナスラウンド1

焦熱の合流点1

早さの炸裂1

巣穴からの総出1

ゴブリンの集中攻撃1

炎の儀式1

魂の再誕1

防御の光網2


計15


どんなデッキかと言いますと


ルビーの大メダルと覚醒の面を使い、スペルを軽量化!


20191214_224225



そしてひたすらマナを増やしていきます。


20191214_224334



そのあとストームを稼ぎながら、ドロー&炎の中の過去で、一度唱えた呪文をフラッシュバックでさらに唱えます。


20191214_224438



ボーナスラウンドすると、なお良しです。


20191214_224838



あとは燃え立つ願いでサイドから、ぶどう弾、ゴブリンの総出、ゴブリンの集中攻撃等でウィン!を狙うでっきです。


20191214_224547



ハゾレトの終わりなき怒りなんか唱えても、とても楽しいですよ!


20191214_224614



私の頭のスペックの問題かもしれませんが、マナの計算とか、この手札でストーム決めきれるかどうかとか、考えさせられる事も多々あります。


その分、決めきった時は快感ですね!


ひたすら、練習あるのみです。


勿論、外科的摘出等の墓地対策、精神壊しの罠なんかはやめてくださいね?


何よりもこのデッキ、レガシーのデッキにしてはとても格安で出来ます。


せいぜい古の墳墓が2000~3000円くらいで、2万くらいでできたような気がします。


そして何より、赤色ばっかりのデッキでとても美しい。


赤いデッキって、素敵ですよね!!(個人的な好み


それではまた、次回の更新でお会いしましょう!!








↑このページのトップヘ